神社でジモティなキツネに遭遇

先日の夕方(陽はかなり傾いていた)、夏のクラシックフェスの会場のホールがある公園の南端にある神社に、何やら呼ばれるように足が向いた。 幹線道路に面した、安芸の宮島の鳥居に似ている赤い鳥居を潜るのだが、公園の中を通っていくと、神様が鎮まって居ら…

15日も、不思議で素晴らし…かったかもしれない(その4)

鳥居まで戻って、神門に向かう。参道は左右とも高い樹が立ち並び、あのまま直進していたらあの方向の空は、全く見えない。 手水舎の辺りからも、階段を上がって神門の位置からも、御垣内からも、拝殿前の階段を上がっても、樹の高さのほうが勝っていて、あの…

15日も、不思議で素晴らし…かったかもしれない(その3)

奥のベンチで寛いでいた女性が立ち上がって、スポットから離れようてしていた。 その時初めて、彼女の座った位置からはあの円弧が、角度からして見えていないと気付いた。このスポットの雰囲気を楽しんでいた彼女には、是非見ていって欲しいと、失礼を承知で…

15日も、不思議で素晴らし…かったかもしれない(その2)

青空を背景にクッキリと白い円弧がある。 少しは厚みがあるので或は偶然の雲かとも考えたが、明らかに太陽の光による狂いのない円弧…光学的な姿に思える。 梅園は収穫して梅酒にするためもあり、樹はさほど高くないよう管理されている。だが桜も含めて境内の…

15日も、不思議で素晴らし…かったかもしれない(その1)

昼を挟んでの予定が移動してしまった。月次祭の日でもあるし、久しぶりに本宮にと参拝に… ちょうど昼時で、空腹感を通りこした低血糖感が、正面の鳥居の階段を昇っている時に急にやって来た。 気温も上がって、喉がカラカラになっている。参拝を終えてからと…

先日は戊辰の日だった。

ふと気がつくと、一昨日は辰の日、十干十二支の戊辰にあたっていた。 そういえば、明治元年…官軍と称する薩長軍と、旧幕府軍の間で、一年半近く様々な土地で戦いが繰り広げられた、あの戊辰戦争が正月早々始まった年の干支だ。 一昨日は穏やかな気持ちで参拝…

今日は、例祭だった。

今日はこの街の旧運河沿いに、信州のあの大きな湖の近くからおいで頂き、鎮まって頂いた神社の祭礼。 今年は鎮座から十年単位の周年にあたり、藍色だろうか、周年を明記した新調の祭礼の幟が、両岸に幹線道路を従えた川の風に、翩翻と美しく翻る。 天気は崩…

満月に重なった少女の姿。

十五夜の月が、スルスルと低いバスターミナルビルの上に、昇ってきた。 ビルの屋上の看板の強い灯りにも、負けない明るさで輝いている。 まだ位置が低いが、どんどん黄色さを捨てて昇っている。帰宅する頃には、晧々と輝く光で月光浴しながら歩けそうだ。 エ…

カラスの羽根が降ってきた話…(その3)

その時点では、でもカラスの羽根は…良くないのか?などと思いつつ、手帳の紙を切り離して、袋に折り畳み挟む。 ふと、屋上のドアの真上の高い所に目をやると…あ、尾羽と尻の辺りを此方に向けて…カラスが丁寧に身繕いをしていた。 つまり、フレッシュな抜け羽毛と…

カラスの羽根が降ってきた話…(その2)

午の日なので、お稲荷さまからご挨拶… こちらは小さな賽銭箱の奥、お供えを置くスペースの両脇には白いお狐さん。この空間サイズには、ハシブトカラスの体格では翼を広げて入れない。なので、いつものペースでご挨拶後、テキパキ撤饌。もちろん、頂きますと申し上げる。 大黒…

カラスの羽根が降ってきた話…(その1)

先日の午の日、某デパートの屋上に慎ましやかに鎮座する神社に参拝した。 祀られているのは、ウカノミタマ=お稲荷さまと大黒天。ひとけのない屋上の一隅で、それぞれのお社に並んで鎮まる。 降雪期間は屋上が閉鎖されるので、正月のごく短い期間だけ神さまが下のフロア…

明日が22の日だったな。

元総理の安倍さんが銃撃され、亡くなったた。 参議院選挙で絶叫と共に走る宣伝カー、騒々しい日々が続く。だが、今月に入って何かがおかしい気配があった。桁外れの暑さのせいか? 以前なら異様な天候と言える状態が、年中常態化している。 勿論、永らくウク…

ゾロ目とは違うけど…

このところ、時刻(24時間表記)で時間と分が同じタイミングに、何故だか頻繁に遭遇する、ももたろう です。 さっきも、21:21 だったし…11:11 はゾロ目か…17:17 やら 13:13 も… 特に2桁のことが多いな…最近、ふと時計を見ると1日に最低でも数回はみるね。何…

神田沙也加の訃報

札幌公演、彼女の初日はチケットが完売だった、と聞いていた。 何故?と問うても、分かろう筈もない。 まるでオンスケジュール…北国の都市を隙間なく、真っ白に包み込んだ雪… 窓のそとには、雪の女王の美しい腕が、彼女に差し伸べられていたのか… 差し伸べら…

今日は、巳の日だったか…

まるるんが、己巳の日生まれなのは、本人が書いていたが… 巳というのは、十二支のうちで一番つよい日なのだと、何かで読んだことがある。 その巳の日、ことわけても己巳は、弁(辯)財天の縁日…白蛇が弁財天に願いを取りつぐと。 琵琶を抱える弁才天は、インド…

マイク・ネスミスの訃報

爺ぃが小学生高学年の頃、確かTBSだったと記憶しているが、モンキーズ の番組(確か原題はモンキーズ・ショーだったか…)があった。 モンキーズの熱狂的ファンでなくても、小学生にも十分楽しめた。 マイクの吹替は、確か 長沢純 だった。四人のなかではリ…

七福神の真言に現れる、名前…

と、書き始めたはいいが…実は寿老人と福禄寿の真言は、何故か覚えられない。 まずは、真言としては由緒正しいインド由来の諸天。 大黒天、毘沙門天、弁財天は、合体して三面大黒天としても信仰されている。この諸天の真言は、それぞれの名前がそのままに唱え…

ももたろうと、ニベアと塩のシェア…

ももたろうが、750gの粗塩と卵1パック、玉うどんをスーパーで買って到着。 他にクリームを小分けにするケースと、何やら細かい小道具を抱えてきた。 長葱を刻みながら玉うどんを茹でて、卵かけうどんにし、葱と醤油と粗挽胡椒をたっぷり振って虫養い。まぁ…

最強のガラケー…とな?

昼頃次々と更新される NEWS HeadLine でみたので、詳細は後で確認するしかないが… KDDI & CASIO が再タッグを組んで、4GLTE のフィーチャーフォンの新製品を10日発表すると。 どうも、防水性や耐衝撃性に格段の強みを持つとか。3Gから乗り換えを渋っているユ…

久し振りのニベア青缶…

ももたろうから、今マツキヨでニベア大缶が50円引きだから、街に行ったらその店に寄ってみて…と。 ちょうど、その近くの大きな書店をのぞこうと向かっていたので、合点承知の丞… と古い返信をして、先に立ち寄る。 同じ商店街で、数軒のはす向かいに2店舗あ…

日蝕に伴う、引力のアンバランスのせいか?

あちこちで、地震が続いている。 日本からは観測できないが、太陽の手前に月が重なる日蝕が、この新月に起こる。 引力のアンバランスからか、容易に頻繁に、地震がおきている。 尤も、東京オリンピック前から呆れるような頻度で、地震はあった。 コロナと地…

何だか数字が気になる…

明日の新月が4のゾロ目…って投稿したら、いろんな数字が気になってきちゃって… 昨日は、2021.12.02 で YYYYMMDD 表記だとミラーになってたと気がついたんだ…20211202 ね? すぐあとに久し振りに 4649 のナンバープレートを見た。これは、よろしく!って読む…

4日午後4時44分の新月だって。

今日、今回の新月は極地方で皆既日蝕が観測されるって… ふぅん…と、その時刻を見てみたら…え?16:44って…午後4時44分…あれ?4日だよね?4のゾロ目じゃん? あ…日本標準時だから…ってことは、ゾロ目の影響は世界でも限られるのかな…ちょっと、凄い…

中村吉右衛門の訃報(続き)

現在の松本幸四郎が、祖父、叔父から 鬼平犯科帳 を引き継いでいる。 今回の訃報の談話のなかで、爺ぃがそうだろう、うんうんと頷いたのは… 穏やかな顔で横たわった叔父の姿に、初めて涙が零れ落ちた…祖父(白鴎)にそっくりな顔だった、と。 本当に歳を重ねる…

中村吉右衛門の訃報

人には、寿命がある。それは仕方がない。 吉右衛門といえば、爺ぃにとってはやはり 鬼平 だ。歳を重ねる毎に、実父の先代の松本白鴎の面影が重なった。 まだ働き盛りで晩酌の最中の、父親と並んで座り、白黒テレビで先代白鴎の鬼平を視た。 吉右衛門の鬼平は…

さて、次は米…(その2)

国の生産調整の対象となった田…農家さんの苦労に支えられ、稲もそれに懸命に応えてきた美しい水田…いったん水稲を作るのをやめてしまえば、あの美しい水田の姿に戻すのはなかなか困難だ。 生き残りをかけて、味を改良した。大方が米の蛋白質の量を下げた…結…

さて、次は米…(その1)

日本は瑞穂の国… と云うけれど…今我々が、水稲の米100%を炊き、それが当たり前という状態は…実は長いこの国の歴史から見れば、極々最近のことだ。 飯の米と大麦の比率でも、今の麦飯は8:2だが、もともとは逆の2:8が当たり前で、バサバサモソモソしない…

大麦の押し麦は…

不思議なもので、押し麦は一体いつ頃からあったのだろう…と記事にしたら、エレベーターを待っている時に、昔々お嬢さんだった集団(?)が話しているのに遭遇した。 爺ぃの耳は聞き耳頭巾… 押し麦が誕生したのは、明治末期だとのこと。それまでは、丸麦を別に…

燕麦(オーツ)、米、大麦…

オートミールがブームになって久しい…少し大きい本屋には、5種類の本が平積みになっているし、小さい本屋でも数種類が棚にさしてある。 電子レンジで作るのが主流だが、ヨーグルトを利用して冷蔵庫で時間をかけて作る方法もある。 そもそもシリアルとして、…

もしかして…輝度が過敏なのかも…

先日うめ爺が、彩雲の色をほぼ見分けられず、見分けられる人を嘘つき呼ばわりする困った母親のことを記事にしてたよね。 昨日の ほぼ霰 が溶けて、広い歩道に大きな水溜まりができてて…今日の昼過ぎに歩いてたら、そこに綺麗な彩雲が映ってたんだ。 おぉっ!…